主要なセキュリティトークンのトークン設計をすべて解説していく③〜DS protocol、R Token 、ST20、Seccurency〜

こんにちは、インターン期間の終了が迫っている中、この記事を執筆しています。あさの @nononoasaです。今回は前回に引き続き、主要なセキュリティトークンの重要だと思われる点を解説していきます。

取り上げるのは、規制対応の機能をトークンに追加できる4つのプラットフォームです。各プラットフォームの基本的な方針は以下の様になっています。

  • 発行体 Securitize: トークン DS protocol

DS protocolを発行するプラットフォームです。このプロトコルを利用することで、規制に対応したアプリやトークンを作成できます。

  • Polymath: ST 20

規制対応できるトークンを発行しています。発行体と法務アドバイザリー/ディベロッパーをマッチングすることで、トークンに契約内容を実装するまで支援します。

  • Harbor: R Token

AML/KYCを実行できるトークンを発行しています。このトークンは、whitepaperの段階で規制対応の方法について詳細について詳しく言及しています。

  • Securrency: トークン名称なし

詳細はまだ確認できませんが、取引所、規制対応のプロトコルの提供、スマートコントラクトの開発サービスを行う予定です。

続きを読む

セキュリティトークン・プラットフォームのTrustToken, NeuFund, Token DPAについて~主要なセキュリティトークンのトークン設計をすべて解説していく②~

こんにちは。インターン生のあさの @nononoasaです。

前回に引き続き、セキュリティトークンのトークン設計について解説していきます。前回の記事を読んでいない方は、このブログをぜひご覧ください。

developers.yenom.tech

また、以下のスプレッドシートにトークン設計をまとめてありますのでご覧ください。

セキュリティトークントークン規格 - Google スプレッドシート

本日はこの記事で触れた投資機会平等型のプラットフォーム、TrustToken、NeuFund、Token DPAについて重要だと思われる点(スプレッドシートのピンク、黄色の部分)を中心に解説していきます。

  • TrustToken
    • 概要
    • 特徴
    • プラットフォーム活用の流れ
    • トークン要素
  • NeuFund
    • 概要
    • 特長
    • 投資を行うためのトークンについて
    • 投資へのインセンティブ設計
    • NeuFundの規制対応
  • Token DPA
  • まとめ
  • 参照

投資機会平等型は、従来の投資の地理的・法律的な問題点を解消しようとしていくものです。大きく分けて、3つのプラットフォームは以下のアプローチをとっています。

  • TrustToken

個人資産をトークン化していき、資産の所有権の移転や管理を世界中で行えるようにしていきます。そして、実物資産の管理をプラットフォーム上で依頼できるようにします。

  • NeuFund

スタートアップが資金調達(STO)をするプラットフォームですが、NEUトークンと呼ばれるユーティリティトークンを使用することで、投資を活発にするような設計がなされています。

  • TokenDPA

債権をトークン化して、「誰でも」ベンチャー等の資金調達に参加できるようにしています。規制との関わりで工夫がなされているプラットフォームです。

続きを読む

主要なセキュリティトークンのトークン設計をすべて解説していく①

こんにちは。インターン生のあさの @nononoasa です。 今回は主要なセキュリティトークンプラットフォームのトークン設計をまとめました。

ここに記載されている情報はホワイトペーパーまたは各プラットフォームのホームページを参考にまとめています。不足している部分、誤っている部分等ございましたら @asanono までご連絡ください。

  • 比較項目
  • 何を見るべきか
  • プラットフォームの目的
  • 価値の裏付け(何をトークン化するのか)
  • 用途
    • 株式型のセキュリティトークンの共通の用途
    • セキュリティトークンの様々な用途
  • その他
  • まとめ
  • 参照
続きを読む

アメリカを参考に日本のセキュリティトークンの規制を考える~token DPAとDS protocolの事例を参考に~

セキュリティトークンシリーズ第三弾です。本日もインターン生のあさの @nononoasa が書いています。

セキュリティトークンは株や債券などの有価証券とみなされるため、有価証券に対する規制が課されます。本記事では、米国の事例を参考に、有価証券に分類されるトークンの特徴を確認した上で、日本の金融商品取引法を参考に、日本のセキュリティトークンの今後について考えてみます。

続きを読む

BIP16 : P2SH の仕組み

Bitflyerなどの取引所に送金するときに3から始まるアドレスを見たことはありますか? それらはScript Hashアドレスと呼ばれるアドレスです。 このScript HashアドレスはBIIP16で提案されている仕組みなのですが、実際どのような仕組みで動いているのか気になったので調べてみました。

そもそもビットコインのTransactionの仕組みは?

ビットコインでは、Transactionを作ったり使ったりするときにはLock ScriptUnlock Scriptを書きます。 (scriptPubkeyとscriptSigとも呼ばれますがわかりにくいので、これ以降はLock ScriptとUnlock Scriptと呼びます。)

続きを読む

なぜシェアリング電気スクーターのSpinはSTOをしたのか?〜STOの手順と利点〜

インターン生のあさの @nononoasa(https://twitter.com/nononoasa) です。本記事はセキュリティトークンシリーズ第二弾です。 第一弾は以下をご覧ください。

developers.yenom.tech

STOとは?

STOとは、セキュリティトークンオファリングと呼ばれ、株式をトークン化したセキュリティトークンを発行し、資金調達することを指しています。ICO(イニシャルコインオファリング)もトークンを発行して資金調達を行いますが、ICOで発行されるトークンはユーティリティトークンと呼ばれ、セキュリティトークンは利用しません。セキュリティトークンとユーティリティトークンの違いは別の記事で詳細に書く予定です。

続きを読む

スタートアップの資金調達の歴史から見るセキュリティトークンオファリング(STO)

初めまして。Yenomインターン生のあさの @nononoasa です。

本日からブロックチェーン業界の動向について調べたこと、考えたことをこのブログでまとめていきます。 経済学部所属のライターがブロックチェーンのサービスについて調べたことを、わかりやすく解説します。大きなテーマを重要なトピックごとに掘り下げていき、サービス内容、可能性や課題についての記事を書きます。 今回のテーマは資金調達の進化とセキュリティトークンオファリングの可能性についてです。

現在、株式をトークン化して資金調達を行うセキュリティトークンオファリングがブロックチェーン技術で注目されています。今回は「なぜ株式をトークン化して資金調達をしていくのか」ということをスタートアップの資金調達の歴史を通じて確認していきます。

本記事は、セキュリティトークンオファリングまでの歴史を解説した以下の記事を、著者の許可の元、参考にしています。

hackernoon.com

続きを読む