Google I/O 2018に参加してきました!

f:id:Yuiki0627:20180527211042j:plain

こんにちは。Yenom Androidエンジニアの ゆいき(@yuikimil) です。

ブログを書くのが遅くなりましたが、Google I/O 2018に参加してきました!

弊社からは単独参戦でしたが、zakiさん(@zaki50)率いるエンジニアの方々と行動を共にしました。
実はI/O初参加、更に初海外だったのですが、おかげで難なく楽しむことができました。

今回はYouTubeで公開されているセッション動画からは得られない部分に焦点を当ててお話したいと思います。

会場、および拠点

現在Google I/OはShoreline Amphitheatreで開催されています。
そのためマウンテンビューに拠点を構え、UberLyftを使って会場まで行くのがおすすめです。

zakiさんがI/Oの日程が決まってすぐにAirbnbで家を借りてくれていため、僕らはそこで宿泊することができました🙇‍♂️

朝食

朝食はI/Oの会場で配布しています。



…が、僕らはより美味しい朝食をとるためにマウンテンビューのダウンタウンに位置するcrepevineというクレープ屋に行っていました。

ここのクレープやラザニア、オレンジジュースなどはとても美味しいので是非行ってほしいです。

f:id:Yuiki0627:20180527151940j:plain

僕は今回で計5回行きました。

Codelabs

会場内にはCodelabsができるエリアがあります。
要はGoogleが用意したハンズオン教材を一人でもくもくと行い、何か分からないことがあればGooglerに質問できるという場所です。

これが大変素晴らしいわけです。
何故かというと直接中の人に質問できるからです。
なかなかこんな機会はないため、僕はここに入り浸っていました。

因みに4つクリアするとI/O 2019のチケット抽選券が得られます。

f:id:Yuiki0627:20180527153147j:plain

Sandbox

Sandboxというサンドボックスが会場にいくつもあって、その中でGooglerとお話したり、最新のデバイスやソフトウェアなどを触ったりできます。
個人的に良かったと感じたのはAndroidとAR/VRのSandboxで、Androidの方ではChrome OS上で動くAndroid Studioを触ることができ、AR/VRではGoogle Lensのデモを見たり、GooglerとARゲームをしたりしました。

セッション

セッションはYoutubeで全て閲覧可能です。
しかし、現地では会場の盛り上がりを感じつつ、集中してセッションを聴くことができ大変アツかったです。

参加賞

今年はGoogle Home miniとAndroid Things Starter Kitでした!

miniはオフィスに置きましたが、Android Thingsの方はまださわれていないため弄っていきたいです。面白そう!

I/O 2018雑感

9割方Androidのセッションを聴いていたためAndroidのことしか言えませんが、
Android Jetpackとして開発支援ツールがまとまったことでAndroid開発が数年前のものとはがらっと変わってしまったなあと感じました。

僕がAndroid開発を始めたときはもっと混沌としていたため、随分良くなったなという印象です。

個人的にはWorkManagerが特に🆒だと思いました。

一番盛り上がったのはこのセッションでしたね!是非見てほしいです。

まとめ

かねてから行きたいと思っていたGoogle I/Oに参加できたのはとても良かったです。
弊社には感謝です🙇‍♂️

次参加するまでに英語力を上げて、Googlerや日本人以外の参加者にもっと話しかけていきたいなと思いました!
Google I/O 2018、とても有意義なものとなりました!

最後になりましたが、弊社ではAndroidエンジニア、iOSエンジニア、サーバサイドエンジニア絶賛募集中です。
一緒にビットコインで世界を遊びませんか?

www.wantedly.com

エントリーお待ちしております!