Node Tokyo 1日目: RSKの拡張版であるRIF OSとは何か?

こんにちは。akifujiです。

今日は、Node Tokyoで発表されたRIF OSについて軽く紹介します。

Node Tokyo 1日目では、RSKの共同創業者であるGABRIEL KURMANがRIF OSの発表をしました。RIF OSのサイトはこちらになります。発表の2時間前に公開したらしく作りたてです。

そもそもRSKとは

RSKとは、ビットコインを使ってスマートコントラクトを書けるようにするプラットフォームです。ドライブチェーンを利用した2-way pegのサイドチェーン上で作られています。

以下の4つが目標として掲げられています。

  • Bitcoin Friendly: ビットコインでチューリング完全なスマートコントラクトを書けるようにする。
  • Security: merge-miningと呼ばれる、既存のビットコインのマイナーがサイドチェーンのvalidationを行えるようにする。これにより、ビットコインと同等のセキュリティを可能とする。
  • Scalability: 秒間100トランザクションを捌けるような(PayPalと同等)スケーラビリティ
  • Instant Payments: 素早いconfirmation。ブロックを平均10秒で生成できるようにする

RSK LabsがRIF Labsに吸収される

このRSKを運営しているRSK Labsが、RIF Labsに吸収されることが、昨日RSKのブログで発表されました。

とはいっても、RIF Labsには、RSKのCEOを含むコアメンバーが在籍しています。この吸収は、RSKメンバーが、より大きなビジョンを持ったRIFに焦点を当てていくことを意味しているのだと思われます。なので、RSKはRIFのベースとなる技術であり、今後も開発は継続していきそうです。

RIF OSとは

RIF OS(Root Infrastructure Framework Open Standard)は、RSKのサイドチェーンと他のブロックチェーンを繋ぎ合わせるプロトコル群です。Ethereumと互換性があるdAppsを作るためのプロトコルを定義しています。将来的には、EOSやCardanoなど、どのチェーンでも動くことを目指しています。

RIF OS上のdAppsを利用するためにはRIF Tokenが必要になります。これはRBTCでミントして生成する予定らしいです。

RIF OSはP2Pのインフラサービスを重視していて、以下の5つにカテゴライズしています。

f:id:akifuji510:20181119191608p:plain

  • RIF Directory: 分散型のドメインネームサービス
  • RIF Payments: 早くて低い手数料のオフチェーンペイメント
  • RIF Data Feeds: サードパーティによるオラクル
  • RIF Storage: 分散型のファイルストレージ(Filecoinのようなもの)
  • RIF Communications Channels: 安全なコミュニケーションチャネル

現在、詳細を見ることができるのはRIF Directoryのみです。最後に、こちらを少し解説します。

Root Name Service

RIF Directory Protocolは、RSK Name Serviceとも呼ばれています。こちらは、DNSのように、アドレスを人の分かりやすい形で管理できるようにするサービスです。

仕様書はこちらになります。

定義されているinterfaceで使用するtokenはERC677に準拠するように作られています。ここからもEthereumと互換性があるように配慮されていることが分かります。

最後に

どのブロックチェーンでも実行可能なdAppsが作れるようになるのは胸熱ですね。今後もウォッチしていきたいと思います。