【プロジェクト研究】Harbor

こんにちは! デザイナーの みぞ @3izorin です。

今回は、リサーチを進めているなかで見つけた 証券型トークンプロジェクトのHarborについて紹介していきます。

f:id:mizonit:20180727170349p:plain

Harborとは

Harborは、アセット(不動産、株式、アート作品など)をトークン化するプラットフォームです。 証券は金融商品取引法によって規制があるので、私募証券* のみにフォーカスを当てています。

証券は私たちが扱うには難しく、専門的な知識が必要なものですが、Harborでトークン化された証券は既存の法に準拠されたものになります。

新しく発行される有価証券の募集を行う際、不特定多数の投資家に対して勧誘を行う公募に対し、50人未満の投資家、もしくは銀行や保険会社などの金融機関や一定の要件を満たす法人などの「適格機関投資家」と呼ばれるプロの機関投資家を対象に勧誘すること。金融庁へ取扱いの届出義務等が免除されるなど手続きが簡単で発行費用を少なく抑えることができる。

野村證券 | 私募(証券用語解説集)

創業時期 / 所在地 / 調達金額

Harbor | Crunchbase

  • Sep 2017
  • Total Funding $38M
Round Amount Date
Series A $10M Feb 6, 2018
Corporate Round $28M Apr 17, 2018

PayPal 共同創業者であるDavid Sacks氏がボードメンバーとしてジョインしています。

Harbor | about

R-Token

f:id:mizonit:20180727170918p:plain

プロダクトとしてはまだ公開されていませんが、R-Tokenと呼ばれる規格を作っています。 このR-Tokenを利用することで、ユーザーがトークン化した証券を既存の証券法に適用させています。

仕組み

R-Tokenの要素としては大きく3つあります。

  • R-Token
  • Regulator Service
  • Service Registry

R-Token

f:id:mizonit:20180727170610p:plain この規格はERC20トークンを拡張したスマートコントラクトです。 通常のERC20トークンと違うのは、あとで登場する Regulator Service によって、送信前に送金相手をチェックする機能がある点です。

Regulator Service

f:id:mizonit:20180727170601p:plain Regulator Serviceは R-tokenが送信する前に情報をチェックするところです。 KYCポリシー、AMLの要件、税法などを満たすように、適格投資家のホワイトリスト、取引許可、追加トークン取引の設定などが含まれます。

ここで、トークンの送信・受信権限や使用期間、分割(例:1トークンを0.5トークンにするか)の設定ができます。

Service Registry

f:id:mizonit:20180727170428p:plain 簡単に言うと、R-Tokenのコンシェルジュです。 R-Token が Regulator Serviceのホワイトリストをチェックする際に、どれをチェックすれば良いのか教えてくれるのが Service Registryです。

最後に

今回は、Harborについて紹介しました。

Andreessen HorowitzやFounders FundなどのイケてるVCから2800万ドルもの大型調達をしている点で着目しましたが、証券型トークンは他企業も調べてみるきっかけになりそうです。 この記事を読んで興味を持っていただけたら下記のホワイトペーパーも読んでみてください!

また、間違いの指摘やご質問も大歓迎です!Twitterなどでご連絡お待ちしています。

ホワイトペーパー👇 https://harbor.com/rtokenwhitepaper.pdf